特徴
保存会と子供育成会の会員は全員男性ですが、獅子は雌で、獅子の舞子 は女性の着物を着ています。また後ろにおかめの面を付けた才蔵(さいぞう) が付きます。 舞は全体にゆったりしていて、特に鈴の舞ではいかに女らしく舞う かが腕のみせどころです。
舞は3部構成になっており全体で約5分間です。


序章(オープニング)
宮入り(行進曲風)の曲が流れる中、獅子と才蔵は萩原神社方向に向いて控えています。
幕の舞
テンポの良い曲で獅子と才蔵で舞います。獅子は低い姿勢で舞うのが本物 (誰も見たこと無いですが)らしくて良いとされています。
鈴の舞
物悲しい曲に合わせて、獅子がおのさを持って一人で優雅に舞います。
宮入り
いよいよフィナーレです。お囃子と掛け合いの後、宮入の曲に合わせ獅子の舞子は 獅子頭を持って左右に傾けながら地を這うように突進します。このときは、また才蔵が 後ろに付きます。


萩原神社式典
萩原神社祭礼の2日目(日曜日)午後、神事(式典)が行われます。この時は4月に中学生になったばかりの 一年生女子が巫女の衣装をまとい「浦安の舞」が奉納されます。 数10年前までは雅楽の演奏を神楽が担当してい ましたが、現在はテープの伴奏になりました。 神社には当時使用していた雅楽器(笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、 鼓(つづみ)等)が大切に保管されております。